閉じる

Amazon SESのバウンスをSNSで取得する。


便利なAmazon (Simple Email Service)SESですが、バウンス(メールの不着)率が上がると、最悪SESの利用を停止されてしまいます。
SESを設定しただけではバウンスが起きたかどうかがわからないので、Simple Notification Service (Amazon SNS)を使ってSESのバウンスが発生した場合、メールで通知を受けるように設定していきます。

CreateTopic

SNSの設定に移動して、Create Topicを選択

Create Topic

Topic Name と Display Name を入力して、 Create topic でtopicを作成します。

SES Domain Setting

今度はSESの設定に移り、バウンスを受け取りたいドメインを選択します。

Domain Notification

Notificationsの項目でEdit Configrationから通知の設定を編集していきます。

Notificatoin Configuration

Bounceの項目に先程設定したSNSのTopicが表示されるので、選択してSave Configで保存します。

Subscribe Topic

再びSNSの設定に移動して、先程作成したTopic を選択して、Subscribe to topicで通知先のメールアドレスを設定します。

Create Subscribe

ProtocolにEmailを選択、Endpointに通知を送信したいメールアドレスを入力します。

Subscribe Topic

設定が完了すると、先程指定したメールアドレス宛に確認のメールが届くので、Confirm subscriptionをクリックして、承認します。
これで設定は完了なのですが、ちゃんとメールが送信されるか確認しましょう。

Publish Topic

Topicを選択して、Publish to topicをクリックします。

Publish Topic

SubjectとMessageに適当な文言を入れて、Publish Messageボタンをクリックします。

Receive Email

メールが届いていれば成功です。簡単でしたね。

参考サイト
boto3を使ってAmazon SNSへpublishしてみた

Amazon SESとSNSを利用してバウンスメールを自動的にハンドリングする

コメントを残す