閉じる

K.K.じゃなくてInc. DUNS情報の変更方法


DUNSとは

DUNS番号とはD&B(ダンアンドブラッドストリート)社が管理する企業コードです。 日本では東京商工リサーチが管理しており、取得や内容の変更はこちらに依頼して変更してもらえます。

Apple Deployment Program登録時に求められる

そもそもなぜ、変更しようと思ったかといいますと法人でMac のアプリを購入するApple Deployment プログラム利用する手続きでこのDUNSを求められたためです。Apple Developpers Programを利用する際も必要になります。 最初は何かわからなかったのですが、すでに登録されている場合もあるとのことで、とりあえず以下のApple が提供している DUNS検索ツールを使って調べました。 Look up your D-U-N-S Number フォームに従って住所や連絡先などを入力します。 Look UP DUNS Number Apple 法人登記してから1年も経っていなかったので多分登録されていないと思ってましたが、ちゃんと登録されてました! apple-duns-number-look-up

登録されているが、この会社名は...?

しかし、会社名を見ると... Kirba, K.K. K.K.?って何?違う会社?と思いましたが、住所は同じなので間違っていないようです。 調べてみると K.K.とは「カブシキガイシャ」の略で、外資系法人が日本支社を作る際に本社の名称と区別し、日本支社ということを強調するために、この表記を使うそうです。 おそらく、日本支社や子会社のある外資系企業でしか通じないというかなりマイナーな表記だと思います。アメリカでは「Inc.」が一般的ですので、英語表記はこちらに変えたいところ。 とりあえずContinueをクリックすると、DUNS番号がメールで送られてきます。 duns-look-up-email02

東京商工リサーチに変更を申請する

この表記を変更するにはD&B社または国内で取り扱っている東京商工リサーチに申請すれば無料で変更可能です。 今回は東京商工リサーチさんにお願いすることにしました。 実際に変更してみましたので、そのやり方を説明したいと思います。 東京商工リサーチのDUNS NUMBER SEARCHのページにアクセスします。 DUNS NUMBER SEARCH duns-number-tokyo-shoko-research01.png 上部にある「自社DUNS情報修正」をクリックして、先程Appleからのメールで取得したDUNS番号を入力します。 duns-number-tokyo-shoukou-research02 修正画面が表示されるので、申請区分が「変更」になっていることを確認します。 修正する箇所だけ記入すればいいので、正式会社名称の変更をしていきます。 正式会社名称は日本語、英語表記ともに入力が必須なので両方共入力します。 今回は英語表記の変更なので、正式会社名称の日本語には正式な日本語の会社名、英語には変更したい英語表記を入力します。Kiraba Inc.で修正依頼をしてみたいと思います。 duns-tokyo-shoukou-research01 申請者情報のチェックが付いている項目を入力し、連絡先となるメールアドレスも入力しておきます。 duns-tokyo-shoukou-research02 入力が済んだら、確認ボタンをクリックし、修正を申請します。

5日で変更通知が来た

申請後5日で変更完了通知がメールで東京商工リサーチから送られてきました。 小文字も含まれてますが、システムの都合上すべて大文字になるとのこと。 場合によっては14日間くらいかかるとのことだったのですが、意外と早かったです。ただ、これはどうなのかな?と思うのが、認証のプロセスを踏んでいるように思えず、フォームから申請したらすんなり変更されました。 ちょっと悪意のある人が勝手に変更しないか心配です。

Apple の方はすぐに反映されない。

2/1 変更通知が届いたので、早速もう一度Apple DUNS検索ツールで確認しましたが。。。 まだ反映されていません。 2/10 確認したら反映されていました! duns-look-up-correct これで修正は完了です。

コメントを残す