閉じる

VagnrantのUbuntu14.04でSSLを使えるように設定する。


今回はVagnrantのUbuntu14.04でSSLを使えるようにしていきます。開発環境なので自己証明書の設定までやっていきます。
sudo a2enmod ssl
sudo a2ensite default-ssl
sudo service apache2 restart
以下のコマンドを実行します。
ss -lnt
以下の行が表示されれば443番ポートの待受が開始されたことになります。
LISTEN 0 128 :::443
Ubuntu14.04ではApacheをインストールした段階でサンプルのSSL証明書が発行されるので、これだけでSSLの自己証明書が使えるようになります。簡単でしたね。

参考サイト

UbuntuでSSLを利用したサービスを構築する    

コメントを残す