閉じる

CentOS7 で日本語のエラーメッセージを英語に変更する方法


PHOTOS BY Pexels   Vagrant で CentOS7 のVMを使ってみたらコマンドの結果が日本語になっていました。 この状態だと、エラー結果などを検索するのにちょっと不便なので、ロケールを変更し、言語を英語に変更していきます。

現在のLocaleの確認

localectlを使って変更していきます。 まずは現在のLocaleのを確認します。
localectl status
localeコマンドを実行するとやっぱりja_JPになっています。
locale
LANG=ja_JP.UTF-8
LC_CTYPE="ja_JP.UTF-8"
LC_NUMERIC="ja_JP.UTF-8"
LC_TIME="ja_JP.UTF-8"
LC_COLLATE="ja_JP.UTF-8"
LC_MONETARY="ja_JP.UTF-8"
LC_MESSAGES="ja_JP.UTF-8"
LC_PAPER="ja_JP.UTF-8"
LC_NAME="ja_JP.UTF-8"
LC_ADDRESS="ja_JP.UTF-8"
LC_TELEPHONE="ja_JP.UTF-8"
LC_MEASUREMENT="ja_JP.UTF-8"
LC_IDENTIFICATION="ja_JP.UTF-8"
LC_ALL=

使用可能なLocaleの確認

使用可能なLocaleは以下のコマンドで確認できます。
localectl list-locales
en_US.utf8があるのでこのlocaleに変更していきたいと思います。

Localeの変更

localectlでlocaleを変更します。 LANG= のあとに使用するLocaleを指定します。
localectl set-locale LANG=en_US.utf8
localeの設定が書き換わっているか確認
cat /etc/locale.conf
sourceコマンドで変更を反映させます。
source /etc/locale.conf
locale コマンドを実行して確認します。
locale
LANG=en_US.utf8
LC_CTYPE="en_US.utf8"
LC_NUMERIC="en_US.utf8"
LC_TIME="en_US.utf8"
LC_COLLATE="en_US.utf8"
LC_MONETARY="en_US.utf8"
LC_MESSAGES="en_US.utf8"
LC_PAPER="en_US.utf8"
LC_NAME="en_US.utf8"
LC_ADDRESS="en_US.utf8"
LC_TELEPHONE="en_US.utf8"
LC_MEASUREMENT="en_US.utf8"
LC_IDENTIFICATION="en_US.utf8"
LC_ALL=
[CentOS]CentOS7でのロケール(locale)の確認及び変更

コメントを残す