閉じる

VMwareTools を CentOSにインストールする方法


PHOTO BY Bilder_meines_Lebens   MacのVMwareFusion に CentOSをインストールしましたが、VMwareToolsをインストールする上で、WindowsOSなどとは違い色々と手順が必要だったので、手順をメモしておきます。 VMwrareToolsは仮想マシンのゲスト OS のパフォーマンスを強化する管理ユーティリティです。

VMWareToolsのイメージをコピーする

インストールしたCentOSを起動したら、まずは普通にメニューから「仮想マシン」>「VMware Toolsのインストール」を行います。Windows OSなどの場合はこれでインストールのダイアログが開いてGUIで簡単にインストールできますが、CentOSの場合は色々と手順が必要です。 CDイメージのマウント用のディレクトリを作成します。
mkdir /mnt/cdrom
先ほど作成した/mnt/cdrom ディレクトリに CDイメージをにマウントします。
mount /dev/cdrom /mnt/cdrom
中身を確認します。
 ls /mnt/cdrom/ 

VMwareToolsの展開

以下のようなVMwareToolsから始まるtarファイルがあります。
VMwareTools-10.1.6-5214329.tar.gz
これをいったん、/tmp/以下にコピーします。
cp /mnt/cdrom/VMwareTools-10.1.6-5214329.tar.gz /tmp/VMwareTools.tar.gz
tarファイルを展開します。
 tar zxvf VMwareTools.tar.gz 

VMwareToolsのインストールと問題の発生

展開したディレクトリに移動します。
cd vmware-tools-distrib
VMwareToolsをインストールするためのPerlプログラムを実行します。CentOSにPerlがインストールされていない場合は以下を実行してインストールします。
sudo yum install perl
vmware-install.pl を実行します。
./vmware-install.pl
途中で、gccのパスが不正だとエラーが出ます。
The path "" is not valid path to the gcc binary.

gccのインストール

gccがインストールされていないことが原因のようなのでgccをインストールします。
sudo yum install gcc
もう一度実行します。
./vmware-install.pl
あとは色々聞かれますがすべてエンターで特に問題ないです。 以下のコマンドを実行してステータスを確認します。
systemctl status vmware-tools
確認すると、以下のエラーが出ていました。
Failed to start SYSV the services
VMware Tools を再構成してみます。
/usr/bin/vmware-config-tools.pl
以下のエラーが出力されます。どうやらカーネルヘッダーがインストールされていないようです。
 enter the path to karnel headers for the 3.10.0 

カーネルヘッダーのインストール

カーネルのバージョンを確認し、確認したカーネルのバージョンのモジュールをインストールします。
uname -mr
3.10.0-514.26.2.el7.x86_64 x86_64
 sudo yum install kernel-devel-3.10.0-514.26.2.el7.x86_64 

再度インストールを実行

インストールできたのでもう一度VMware Tools を再構成します。
/usr/bin/vmware-config-tools.pl
もう一度ステータスを確認します。
systemctl status vmware-tools
以下のように正常に動作しました。
Active: activate(existed)

参考サイト

CentosにVmware toolsをインストール 確認方法とトラブルシューティング CentOS 7 への VMWare Tools のインストールで失敗した場合の対処 VMware-Toolsのサービス起動が失敗している件 VMware Toolsのインストール時にkernel headerが見つからない場合の対処法 kernel-devel-3.10.0-514.21.1.el7.x86_64.rpm

コメントを残す