閉じる

Vagrant BOXの取得と起動


今回は実際にVagrantを使って仮想マシンを立ち上げます。

VagrantはBOXと呼ばれる仮想OSのベースイメージを追加していきます。

Boxの追加

以下のサイトに様々なVMのBOXがあるので、ここからBOXを追加します。

各種BOXの利用は自己責任でお願いします

Vagrantbox.es

BOXの一覧が表示されますので、適当なBOXを選びターミナルから以下のコマンドを実行します。

vagrant box add centos64 https://github.com/2creatives/vagrant-centos/releases/download/v6.4.2/centos64-x86_64-20140116.box
コードの説明 以下のコマンドを実行して、BOXが追加されているか確認します。
vagrant box list
先ほど追加した任意の名称が表示されれば追加されています。
centos64        (virtualbox, 0)

Vagrantの初期化

BOXが追加できたら、仮想マシン用のフォルダを作成し、Vagrantの初期化を行います。

vagrant init の後には先ほど追加したVMの任意の名称を指定します。

mkdir vagrant
cd vagrant
vagrant init centos64

仮想マシンの起動

初期化されたら、仮想マシンを起動します
vagrant up

仮想マシンに接続

vagrant ssh
[vagrant@xxxxxx]
仮想マシンの設定は仮想マシンに接続後設定していきます。 次回は仮想マシンの開発環境を整えます。

コメントを残す