閉じる

Vagrant ウェブページを表示する設定と共有フォルダの設定


Vagrantでウェブページを表示できるよう設定していきます。また共有フォルダの設定もあわせて行います。

Apacheのインストール

ターミナルを開いて以下のコマンドを実行します。 まずは、Vagrantを起動してsshでログインします。
vagrant up
vagrant ssh
yumを使ってApacheをインストールします。
sudo yum -y install httpd
httpd起動します。
sudo service httpd start
仮想マシンの再起動後も自動的に立ち上がるように設定
sudo chkconfig httpd on

ファイアーウォールの停止

ローカル開発環境なので、ファイアーウォールストップする設定を施します。 ネットワーク上のサーバーの場合はセキュリティに問題がありますので行わないようにして下さい。
sudo service iptables stop
再起動後もファイアーウォールを起動しないように設定します。
sudo chkconfig iptables off

ルートディレクトリにindex.htmlを作成

htmlでアクセスした場合のルートディレクトリにviでindex.htmlを作成します。
cd /var/www/html
sudo vi index.html
内容は適当に作ります。
Hello World!

Vagrantfileを編集してプライベートネットワークでアクセスできるように設定

Vagrantfileを編集します。仮想マシンからログアウトして、Vagrantfileを編集します。
exit
sudo vi Vagrantfile
Vagrantfileの以下の行をコメントアウトして、保存します。
 # config.vm.network :private_network, ip: "192.168.33.10"
config.vm.network :private_network, ip: "192.168.33.10"
変更した設定ファイルでVagrantを再起動
vagrant reload
192.168.33.10にアクセスしてみると先ほど作成したhtmlファイルが閲覧できます。

共有フォルダの設定

共有フォルダを指定するとVagrantをインストールしたフォルダに直接htmlやphpファイルを置いて実行することができ、便利です。 Vagrantにログインして、既存のhtmlフォルダを削除
vagrant ssh
sudo rm -rf /var/www/html
シンボリックリンクを設定し、Vagrantをインストールしたディレクトリを共有フォルダとして設定します。
sudo ln -fs /vagrant /var/www/html
Vagrantをインストールしたディレクトリにindex.htmlを配置して閲覧できれば成功です。

参考サイト

ドットインストール #08 共有フォルダを使ってみよう   Vagrant

コメントを残す