閉じる

開発環境Vagrantのインストール


ローカル開発環境を手軽に構築できるVagrantの設定をまとめていきます。 Vagrantは簡単に開発環境を構築でき、複数の開発環境を切り替え作業できるため、大変便利です。 コマンドラインでの作業が多いですが、複数の人とも簡単に同一環境を共有することもでき、ウェブ開発の効率がかなり良くなりますので、ウェブ開発者にはおすすめの開発環境です 今回はVagrantのインストールと、Vagrantに必要なVirtualBOXのインストールについてまとめます。

Vagrantのインストール

以下のサイトへアクセスし、上のメニューから「DOWNLODADS」を選択し、該当のOSのVagrantをダウンロードします。 Vagrant Vagrantパッケージ Vagrantのダウンロード 今回はMacOSXにダウンロードしたdmgファイルを開くとインストーラーパッケージがありますので、ダブルクリックして画面に従ってインストールします。 Vagrantのインストール Vagrantのインストール完了

VirtualBOXのインストール

次にVirtualBOXをインストールします こちらも以下のサイトからダウンロードしてインストーラーにしたがってインストールします VirtualBox ダウンロード Oracle VM VirtualBox ダウンロードしたdmgファイルを開くとインストーラーパッケージがありますので、ダブルクリックして画面に従ってインストールします。 VirtualBOXパッケージ VirtualBOXのインストールVirtualboxのインストールが完了しました。 インストールが完了したらVagrantを利用できる準備が整いましたので、次回はVagrantを使って実際に仮想マシンを設定していきます。

コメントを残す