閉じる

Vagrant UbutuntsでCGIを使えるように設定する


最近あまりCGIを使うこともなかったのですが、CGIフォームをローカル環境でテストする必要があったのでUbuntudでCGIを使えるように設定しました。

CGIの有効化

まずはVagrantにログインして、CGIの有効化します。
vagrant ssh
sudo a2enmod cgi

cgi-enabled.confの設定と有効化

新規でcgi-enabled.confを作成します。
sudo vi /etc/apache2/conf-available/cgi-enabled.conf
今回はhtmlディレクトリ以下すべてを対象にしたいので、/var/www/htmlを指定 Option ExecCGIでCGIの動作を許可します。 AddHandlerdでCGIファイルの拡張子を指定します。
<Directory "/var/www/html/">
Options ExecCGI
AddHandler cgi-script .cgi .pl

作成したcgi-enabled.confを以下のコマンドで有効化します。
sudo a2enconf cgi-enabled
Apacheを再起動します。
sudo service apache2 restart
これでCGIが使えるようになりました。

参考サイト

特定のディレクトリでCGIを実行する(Option, AddHandler) Perlスクリプトを利用する Ubuntu上のApacheでCGIを実行できるようにするメモ Ubuntu ServerでCGIプログラムを動作させる

コメントを残す